きれいな花を撮影し、
アプリを立ち上げコメントを付けてSNSに投稿する。

いくつものステップを要する現在のスタイルを、もっとシームレスでリアルタイムなものにすれば、新たなコミュニケーションが生まれるのではないか。そんな想いから私たちは、これからの個人とコンピューティングのあり方を見直しました。

そして2013年、10年後のスタンダードを目指して、ウェアラブルデバイス〈Telepathy〉の開発をスタートし、日常に溶け込むデザインとして非眼鏡型のコンセプトモデルを発表しました。

まずあなたは、このカタチに戸惑うかもしれません。

眼鏡型では、もともと眼鏡をかけている方や工場で装着できないなど、使える人やシーンが限られてしまうことを考慮し、ユーザビリティを追求した結果、TelepathyJumperは、周辺の光が強い環境でも鮮明な映像を見られるディスプレイユニット。
バッテリーや操作ボタンを備えたパワーユニット。
そして、2つをつなぐ、自由に形を変えられるフレキシブルフィッティングの3パーツで構成された新しいカタチになりました。

Telepathy Jumperは、誰もが目の前の現実を誰かと一緒に見る・聞く・話す・撮る・知る事が可能な、今までにない、「人とひとつになる」コミュニケーションデバイスです。

「コンテンツをシェアする」SNSから、「人とひとつになる」Telepathy Jumperへ。


誰もが使えるコミュニケーションデバイスだからこそ、どこにいても感情や体験を共有できます。
例えば、大切な家族の記念日を、違う場所にいながらTelepathyJumperを使うことで、
一緒にお祝いをするといったことも現実になります。

まさにテレパシーのように、人と人が時間も空間も飛び超え、すぐそばにいるようにコミュニケーションできる時代がはじまります。

レジャー、ファッション、介護、教育、エンターテインメント、さまざまな産業の現場で
Telepathy Jumperの新しい用途やサービスの可能性は限りなく広がっています。

誰もが体験を分かち合うことができるカタチ Product