NEWS RELEASE

屋外使用可能な高輝度ディスプレイモジュールを共同開発・販売

『ABSA(Advanced Beam Splitter Array)』方式ウェーブガイドを実用化

株式会社日立エルジーデータストレージ(東京都港区、代表取締役社長&CEO:閔丙薰/以下「HLDS」)と株式会社テレパシージャパン(東京都文京区、代表取締役:藤野真人、以下「テレパシー」)は、屋外使用が可能な高輝度ウェーブガイドモジュール「ABSA (『Advanced Beam Splitter Array』)」及び、同モジュールを使用したヘッドマウントディスプレイを共同で開発・販売することを発表いたします。

ABSA

【共同開発の背景】

近年、ヘッドマウントディスプレイを活用した業務支援、エンターテインメント、ARソリューションなどのニーズが急速に増大しています。特に、屋内外を問わず、太陽光/高輝度照明下等の明るい業務現場で、違和感無く視認が可能な、高輝度・透過型ヘッドマウントディスプレイの必要性が極めて高くなっています。HLDSが誇る高精度製造技術と、テレパシーが「Telepathy Walker®」をはじめとするヘッドマウントディスプレイ製品により培ってきた技術・ノウハウを組み合わせることで、『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』の実用化を行って参ります。

今回、共同開発を行う『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』搭載のヘッドマウントディスプレイは、「高輝度、高透過率(シースルー)、軽量」を実現した導光板方式のディスプレイモジュールです。両社の技術を持ち寄ることで、従来困難であった高輝度化、小型化を可能にし、B2Bの現場や屋外環境においても鮮明な視認性とストレスの無い装用感を実現しており、これまでヘッドマウントディスプレイが活用され難かった業務用途においても実用に耐えうる製品が誕生します。

 

【『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』とは】

『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』とは、株式会社日立製作所研究開発グループの技術協力のもと、独自の光学技術によって、「高輝度、高透過率(シースルー)、軽量」を実現したディスプレイモジュールです。通常の眼鏡と区別がつかないデザインを可能にし、装着時のストレスを極めて少なくすることで、長時間の装用が可能となります。更に、軽量かつ高いデザイン性を有するため、近い将来にB2C用ヘッドマウントディスプレイを実用化するための基盤技術でもあります。

 

株式会社日立エルジーデータストレージ
会社名:日立エルジーデータストレージ
代表者:閔丙 薰
所在地:東京都港区
事業内容:光ディスクドライブ、光ピックアップ、光応用製品(LiDAR, HMD, HUD,半導体検査装置)、ワイヤレスチャージャー等の製造・販売
URL:http://hitachi-lg.com/

株式会社テレパシージャパン
会社名:株式会社テレパシージャパン
代表者:藤野 真人
所在地:東京都文京区
事業内容:ウェアラブル機器の企画、開発、製造、流通、販売
URL:https://www.telepathywear.com/

【商標名称等に関する表示】
記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です

【お問い合わせ先】
株式会社テレパシージャパン
Eメール:info@telepathywear.com

 

代表取締役異動のお知らせ

株式会社テレパシージャパン(本社:東京都文京区)は、藤野 真人が代表取締役に就任し、鈴木 健一及び関口 勇二が退任した事をお知らせいたします。

映画「麻雀放浪記2020」にTelepathy Walkerが登場

  明日、4月5日(金)から全国で公開される映画「麻雀放浪記2020」に、弊社製品のTelepathy Walkerが登場いたします。 2020年の東京が舞台となる本作で、ウェアラブルアイウェアであるTelepathy Walkerがどのように使われているか、是非、劇場でご確認ください!

   Telepathy Walkerや、次世代スマートグラスに関するOEM/コンサルティングのご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

「麻雀放浪記2020」オフィシャルサイト

【お問い合わせ先】

株式会社テレパシージャパン

報道関係者   お問い合わせ先:Eメール:pr@telepathywear.com

事業パートナー お問い合わせ先:Eメール:info@telepathywear.com

5麻雀放浪記2020_B1P_1920_2mb

TAKUMI Innovation DayにてTelepathy Walkerを体験いただけます!

TAKUMI Innovation DAYとは?

AI時代に無くならない職業として、匠の技の領域に注目が集まり女性を中心としたダイバーシティの波と、アナログだったジャンルのテクノロジー化の波を体感、知ることができる1日

日 時:2018年11月25日(日曜日) 13:00〜17:30
会 場:九段 kudan house
東京都千代田区九段北1-15-9
U R L :https://peatix.com/event/451131

テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018にて 弊社代表 鈴木 健一が登壇します

シンポジウム

TCで織りなすヒト×モノ×コト~Connected Industriesに向かって~

8月28日(火)、TCシンポジウム2018 東京開催 ミニセッション「スマートグラスの実用化による ヒト×モノ×コトの変化」に、パネリストとして弊社代表 鈴木 健一が登壇します。

【開催概要】
名 称: TCシンポジウム2018 東京開催
会 期:
2018年8月28日(火) 10:15 ~16:30(展示会は17:00まで)
2018年8月29日(水) 10:15 ~16:30(展示会は16:00まで)
会 場: 東京学芸大学 小金井キャンパス
参加費:
3日間有効入場券
TC協会会員 15,000円(非課税)、非会員 21,600円(消費税込)、
学生 3,240円(1日、消費税込) 特典として1日有効入場券を発行
*学生のみ1日単位の申し込みになります。定員オーバーの場合は、ご遠慮いただくことがあります。
*3日間有効入場券で、30周年記念イベント、基調講演、パネルディスカッション、ミニセッション、
TC 協会発表、事例・研究発表、TC 関連商品紹介、および展示会・情報プラザに参加できます。

U R L :https://www.jtca.org/symposium/index.html

*詳細は公式ウェブサイトよりご確認ください。
*ご参加には事前登録、参加費が必要となります。

経営者のレビューサイト 「参謀」 のイベントにて弊社代表 関口 勇二が登壇します

スマートグラスの活用事例を聞きつつ、自社で活用出来る方法をみんなでブレストする会 @渋谷

【開催概要】
日 時:2018年05月29日(火曜日) 18:00〜19:30 (開場30分前)
会 場:トップテラス2031
東京都渋谷区神山町16-4ヴィラメトロポリス RF
参加費:5,000円
U R L :https://sanbou.club/seminars/200

*ご参加には参謀会員の事前登録が必要になります。
*詳細は公式ウェブサイトよりご確認ください。

「電脳メガネサミット2018」に弊社代表 鈴木 健一がパネリストとして参加します

メガネフレーム国内シェア96%を誇る福井県鯖江市と東京のIT企業によるウェアラブル論壇イベント、「電脳メガネサミット2018」に当社代表 鈴木 健一がパネリストとして参加します。
メガネサミット

【開催概要】
名 称: 電脳メガネサミット2018
U R L :  https://www.city.sabae.fukui.jp/itforum/
日 時: 2018年2月22日(木曜日)13時30分から18時30分まで
会 場: SENQ霞が関

詳細は公式ウェブサイトよりご確認ください。

※ご参加には事前登録、参加費が必要となります。

色弱に有効なウェアラブルアイウェア技術を開発

2018年1月17日から開催の第4回ウェアラブルEXPOにて展示実施

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木 健一・関口 勇二、以下「当社」)は、先天性及び後天性の色弱の方の支援を目的に、独自の色覚補正技術『C Vision S』を開発致しました。国内約320万人、世界で2億人を数える「先天性色覚異常」の方に加えて、今後高齢化の進展によりますます増加する「後天性色覚異常」の方々の日常生活における色の見え方を改善し、明るく色鮮やかな世界を実現することを目指しています。

色弱ウェアラブルアイウェアPNG

開発の背景
色弱とは、遺伝による先天的なものや加齢による眼性疾患等により、一般色覚者に比べ色の見分けが困難になる状態です。日本人では男性の約20人に一人が先天性色弱者であり、世界で2億人以上、日本で約320万人が存在しています。また、高齢化の進展により、60歳以上の方の約10人に6人が何らかの色覚異常を抱えていることとなり、今後益々大きな社会課題となることが懸念されています。
色の見え方が異なると、一般色覚者向けに作られた地図や信号等の色表示の判別が困難となり日常生活における多大な不便や危険に直面するのみならず、景色や食品等の自然色や美術芸術品の色等を直観的に認知して楽しむことが難しくなります。また先天的色弱については遺伝子による先天性の為、その色覚を変えることは不可能であり、色覚補正に関する十分なソリューションがこれまで存在しておりませんでした。

『C Vision S』テクノロジーとは
外部環境を問わず鮮明に見える当社のウェアラブルアイウェアが実現した、高輝度・高精細な独自の光学/ディスプレイ技術『Zen Optics®』と小型カメラ技術をベースに、当社が独自で出願中の特許に基づく、時分割駆動のディスプレイを用いる事により、RGBの個別設定のみならず光源の波長の選択も可能とする次世代の色覚制御技術が『C Vision S』テクノロジーです。自由なパラメーター設定により一つのデバイスで、様々なタイプの見え方に対応することが可能であり、加齢による色覚の経年変化にも適応できます。また、他の色に影響を与えたり、全体が暗くなる事無く、特定原色を自在に強めることができることで、サングラス等では実現が不可能であった、「明るいままの世界」を再現することができます。これは当社の光学/ディスプレイでのみ実現が可能です。
加えて、眼鏡型デバイスの基本的な特徴であるハンズフリーで眼前に見たい映像を浮かび上がらせることや、個人に合わせた見え方のデジタル補正(色度、輝度、コントラスト等)が可能という利点を備えており、日常生活、作業、仕事をしながらでも、色弱者にとって、よりわかりやすい視界を提供することができます。

 

実機体験
2018年1月17日から19日に東京ビックサイトで開催される第4回ウェラブルEXPOのウェアラブル活用ソリューション ゾーン 西3ホールにおいて本テクノロジーのデモンストレーションを体験頂けます。

* 第4回ウェアラブルExpo概要 http://www.wearable-expo.jp/
* 当社ブース小間番号:W18-50 (NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構内テレパシージャパン)

医療関係者のコメント
本デバイスを用いた実験に参加した東京慈恵会医科大学解剖学講座教授兼特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構CUDO副理事長の岡部正隆教授は「色弱用スマートグラスは色覚を矯正するものではありません。しかし、業務上見分ける必要のある特定の色を簡単に区別することが可能になり、色弱者の不便の解消に役立つと期待しています」と述べています。

今後の予定
テレパシージャパンでは、遠隔作業支援やアミューズメント用途に発売している「Telepathy Walker®」と共に、色弱の方が日常で経験している様々な不便を解消するソリューションとして、2019年3月までに本技術を用いたデバイスの製品化を予定しています。今後は先天的、後天的色弱者に対する実証実験を更に行いユーザービリティを向上させるとともに、より多くの色弱者の方の生活を改善するための事業パートナーを幅広く募集致します。
* Telepathy Walker®とは https://www.telepathywalker.com/

 

【お問い合わせ先】
株式会社テレパシージャパン
報道関係者 お問い合わせ先:Eメール:pr@telepathywear.com
事業パートナー お問い合わせ先:Eメール:info@telepathywear.com

 

「第4回 ウェアラブルEXPO」 に出展、Telepathy Walkerを体験頂けます

2018年1月17日から19日に東京ビックサイトで開催される第4回ウェラブルEXPOのウェアラブル活用ソリューション ゾーン 西3ホールにおいて、本テクノロジーのデモンストレーションを体験頂けます。

* 当社ブース小間番号:W18-50 (NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構内テレパシージャパン)

 

第4回 ウェアラブルEXPO ウェアラブル端末の活用と技術の専門展

会 期: 2018年1月17日[水]~19日[金] 10:00~18:00 (最終日のみ17時まで)
会 場: 東京ビッグサイト

* 詳細は公式ウェブサイトよりご確認ください。

U R L  :  http://www.wearable-expo.jp/

テレパシージャパン、ツネイシキャピタルパートナーズ、 マルティスープの3社がウェアラブルアイウェア導入 新サービスで協業 〜ウェアラブルアイウェアで楽しむ白隠禅画 1月1日から神勝寺でサービス開始〜 !

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木 健一・関口 勇二、以下「当社」)は、ツネイシグループの新規事業の創出と支援を行うツネイシキャピタルパートナーズ株式会社(広島県福山市代表、津幡靖久、以下「ツネイシキャピタルパートナーズ」)と位置・空間情報技術を活用したサービスやソリューション開発を手掛けるマルティスープ株式会社(東京都千代田区、代表、那須俊宗、以下「マルティスープ」)と協業し、ウェアラブルアイウェア『Telepathy Walker(R)』を、広島県福山市の「神勝寺 禅と庭のミュージアム」にある荘厳堂(白隠禅画•墨跡常設展示間)に導入し、作品を鑑賞しながら同時に解説を見聞きできる新サービスを2018年1月1日から開始します。

ウェアラブルアイウェア『Telepathy Walker(R)』について
『Telepathy Walker(R)』は独自のヘッドアタッチで頭部に装着し使用する片眼型ウェアラブルアイウェアです。視界を遮らない独自ディスプレイを搭載し、オープンな視界と目の前に浮いているような映像を、プロモニターに匹敵する色領域で再現することができます。野外の光が強い場所でも、明るい画面を映し出すディスプレイにより、情報をクリアに表示することができます。

 

_E864656

神勝寺 荘厳堂での白隠禅画解説サービスについて
『Telepathy Walker(R)』のディスプレイに禅文化研究者の芳澤勝弘氏による白隠禅画の解説が浮かび上がり、まるで目の前で解説を見聞きしているかのように視線を動かすことなく作品を鑑賞し、白隠禅画への理解を深めることをサポートします。この取り組みを通じて白隠禅画への造詣を深め、“未来技術” を活用して“古きよきもの”を知る、新しいミュージアム体験を提供します。

ウェアラブルアイウェア『Telepathy Walker(R)』活用の今後の展望
常石グループ各社をはじめ美術館・博物館・展示館にとどまらない様々なシーンで、『Telepathy Walker(R)」を使ったガイダンスシステムの活用を目指していきたいと考えています。

182A9038
作品展示場所と期間について
本サービスは2018年1月1日から2018年3月末まで、「神勝寺 禅と庭のミュージアム」にて無料で実施予定です。(別途、神勝寺拝観料をお支払い頂く必要はございます。) 神勝寺 禅と庭のミュージアム URL:http://szmg.jp/about-us/

株式会社テレパシージャパンについて
代表取締役:鈴木健一・関口勇二
所在地:東京都中央区
設立:2013年7月
事業内容:ウェアラブル機器の企画、開発、製造、流通、販売
URL: http://telepathywear.com/

ツネイシキャピタルパートナーズ株式会社について
代表取締役:津幡 靖久
所在地:広島県福山市
設立:2010年12月
資本金:5,000万円
URL:http://tsuneishi-cp.com/index.php

マルティスープ株式会社について
代表取締役:那須 俊宗
所在地:東京都千代田区
設立:2000年4月
事業内容:位置・空間情報技術を活用したコンピュータソフトウェアの企画・開発・販売
URL: http://www.multisoup.co.jp/

【商標名称等に関する表示】
記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です

【お問い合わせ先】
株式会社テレパシージャパン
Eメール:pr@telepathywear.com

EDAC主催シンポジウム「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」にて、当社代表 鈴木が登壇します

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)が主催のシンポジウム「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」にて、当社代表 鈴木健一が登壇致します。無料でご入場頂けますので、是非ご参加ください。
キャプチャ

Continue reading EDAC主催シンポジウム「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」にて、当社代表 鈴木が登壇します

トーマツベンチャーサポート、野村證券主催「Morning Pitch」に弊社代表 鈴木 健一が登壇します

Morning Pitchは、毎週木曜AM7時から開催している、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すことを目的としたピッチイベントです。 10月12日開催の第211回は「AR/VR特集」。テレパシー他全5社が登壇します。

URL : http://morningpitch.com/theme/10645/

【開催概要】
日 時: 10月12日(木)AM7:00~AM9:00
会 場: 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル 48F 野村コンファレンスプラザ
幹 事: トーマツ ベンチャーサポート株式会社、野村證券株式会社

URL : http://morningpitch.com/

*ご参加には事前登録が必要となります。
https://job.axol.jp/15/c/morningpitch/entry/agreement/

morning-pitch-1-638

「デロイトトーマツベンチャーサミット2017」内で行われる「Global Morning Pitch EXPO」 に出展、Telepathy Walkerをご体験いただけます

デロイト トーマツ ベンチャーサミット 2017
― グローバルイノベーションエコシステムを加速する ―

日 時:2017年7月25日(火) 開場9:00~ 開始10:00~ 終了16:30
会 場:ザ・プリンス パークタワー東京
      〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1
     TEL 03-5400-1111(代表)

詳細は公式ウェブサイトよりご確認ください。

URL : https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/strategy/events/vs/tvs2017.html

width=

「ふくモモ親子展『18歳の暗喩』(青山デザインフォーラム主催)」にてTelepathy Walkerを用いたAR展示ガイドを無料でご体験いただけます

Art Gallery Project vol.2 ふくモモ親子展 「18歳の暗喩 」老いては子に従え

会 期:  2017年 7月 3日(月) – 7月 23日(日)土・日曜、祝日休館
会 場:  【GARDE Gallery】 東京都港区南青山5-2-1 ALLIANCEビル4F
* オープニングセレモニー: 2017年7月 3日(月)18:00~20:30
* クロージングパーティー: 2017年7月23日(日)16:00~18:00
(両日とも展示は10:00~より開催しております)
URL : http://www.adf.or.jp/up_pdf/1498542788-556939.pdf

width=

Telepathy Walkerとビーコンを組み合わせ、ハンズフリーで直接情報を表示することができる『 Y’s Beacon 』が展示会で導入されました

『 Y’s Beacon 』とはビーコン端末から発信される信号を、Telepathy Walkerで受信することにより、ハンズフリーで直接情報を表示することができるアプリです。
商品や展示物の説明表示、施設案内、顧客の動線把握等、色々なサービスやデータ収集に応用できるソリューションサービスが始まります。
第一弾として、ふくモモ親子展「18歳の暗喩」での導入が決定いたしました。

URL : http://ys-beacon.com/

width=

訪日外国人観光客向けサービス開発に向け WiFiルーターレンタルサービスのビジョンと事業提携

Telepathyの次世代ウェアラブル機器で、ハンズフリー道案内やリアルタイム翻訳

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木健一・関口 勇二、以下「当社」)は、株式会社ビジョン(東京都新宿区、代表取締役社長 佐野 健一、以下「ビジョン」)と、訪日外国人観光客向けサービス開発に向けて事業提携をいたしました。当社が現在開発中の次世代アイウェア型ウェアラブルデバイスを利用した、インバウンドビジネスのサービス基盤やアプリケーション開発にあたり、ビジョンの顧客基盤を利用して得られる情報を活用していきます。
img_cut

Continue reading 訪日外国人観光客向けサービス開発に向け WiFiルーターレンタルサービスのビジョンと事業提携

アクセシビリティの祭典 で5月18日(水) に Telepathy代表 関口 勇二が登壇します

2017年5月18日(木)9:30-18:30に開催される、「アクセシビリティの祭典」において、
15:35-16:20「話題の技術とアクセシビリティ(IoT、VR、AR、音声など)」に当社代表取締役 関口 勇二が登壇いたします。

http://accfes.com/seminar_page07.html

Continue reading アクセシビリティの祭典 で5月18日(水) に Telepathy代表 関口 勇二が登壇します

救急ドローンを用いた山間部での傷病者早期発見に関する実証実験にてTelepathy Walker提供、実験成功

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会による公開実証実験

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木 健一、以下「当社」)は、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称:EDAC、所在地:東京都文京区)が1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡市)で実施した、総務省「救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル実証事業」に関する公開実証実験にて『Telepathy Walker(R)』を提供しました。
この実証実験はリファレンスモデルを活用した、通報による無人機(ドローン)を活用した迅速な現場特定を目的とし、傷病者に接触するまでの時間短縮に成功しました。

Continue reading 救急ドローンを用いた山間部での傷病者早期発見に関する実証実験にてTelepathy Walker提供、実験成功

ウェアラブルEXPO 1月18日(水) の特別講演にTelepathy代表 鈴木 健一が登壇します

2017年1月18日(水)から20日(金)にかけて開催される、「第3回 ウェアラブルEXPO」において、
1月18日(水) 10:30-12:00開催のカンファレンスに当社代表取締役 鈴木 健一が登壇いたします。

http://www.wearable-expo.jp/RXJP/RXJP_NepconJapan/seminar/index.html?gid=3&id=WEA-1

Continue reading ウェアラブルEXPO 1月18日(水) の特別講演にTelepathy代表 鈴木 健一が登壇します