PRESS RELEASE

屋外使用可能な高輝度ディスプレイモジュールを共同開発・販売

『ABSA(Advanced Beam Splitter Array)』方式ウェーブガイドを実用化

株式会社日立エルジーデータストレージ(東京都港区、代表取締役社長&CEO:閔丙薰/以下「HLDS」)と株式会社テレパシージャパン(東京都文京区、代表取締役:藤野真人、以下「テレパシー」)は、屋外使用が可能な高輝度ウェーブガイドモジュール「ABSA (『Advanced Beam Splitter Array』)」及び、同モジュールを使用したヘッドマウントディスプレイを共同で開発・販売することを発表いたします。

ABSA

【共同開発の背景】

近年、ヘッドマウントディスプレイを活用した業務支援、エンターテインメント、ARソリューションなどのニーズが急速に増大しています。特に、屋内外を問わず、太陽光/高輝度照明下等の明るい業務現場で、違和感無く視認が可能な、高輝度・透過型ヘッドマウントディスプレイの必要性が極めて高くなっています。HLDSが誇る高精度製造技術と、テレパシーが「Telepathy Walker®」をはじめとするヘッドマウントディスプレイ製品により培ってきた技術・ノウハウを組み合わせることで、『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』の実用化を行って参ります。

今回、共同開発を行う『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』搭載のヘッドマウントディスプレイは、「高輝度、高透過率(シースルー)、軽量」を実現した導光板方式のディスプレイモジュールです。両社の技術を持ち寄ることで、従来困難であった高輝度化、小型化を可能にし、B2Bの現場や屋外環境においても鮮明な視認性とストレスの無い装用感を実現しており、これまでヘッドマウントディスプレイが活用され難かった業務用途においても実用に耐えうる製品が誕生します。

 

【『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』とは】

『ABSA (Advanced Beam Splitter Array)』とは、株式会社日立製作所研究開発グループの技術協力のもと、独自の光学技術によって、「高輝度、高透過率(シースルー)、軽量」を実現したディスプレイモジュールです。通常の眼鏡と区別がつかないデザインを可能にし、装着時のストレスを極めて少なくすることで、長時間の装用が可能となります。更に、軽量かつ高いデザイン性を有するため、近い将来にB2C用ヘッドマウントディスプレイを実用化するための基盤技術でもあります。

 

株式会社日立エルジーデータストレージ
会社名:日立エルジーデータストレージ
代表者:閔丙 薰
所在地:東京都港区
事業内容:光ディスクドライブ、光ピックアップ、光応用製品(LiDAR, HMD, HUD,半導体検査装置)、ワイヤレスチャージャー等の製造・販売
URL:http://hitachi-lg.com/

株式会社テレパシージャパン
会社名:株式会社テレパシージャパン
代表者:藤野 真人
所在地:東京都文京区
事業内容:ウェアラブル機器の企画、開発、製造、流通、販売
URL:https://www.telepathywear.com/

【商標名称等に関する表示】
記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です

【お問い合わせ先】
株式会社テレパシージャパン
Eメール:info@telepathywear.com

 

色弱に有効なウェアラブルアイウェア技術を開発

2018年1月17日から開催の第4回ウェアラブルEXPOにて展示実施

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木 健一・関口 勇二、以下「当社」)は、先天性及び後天性の色弱の方の支援を目的に、独自の色覚補正技術『C Vision S』を開発致しました。国内約320万人、世界で2億人を数える「先天性色覚異常」の方に加えて、今後高齢化の進展によりますます増加する「後天性色覚異常」の方々の日常生活における色の見え方を改善し、明るく色鮮やかな世界を実現することを目指しています。

色弱ウェアラブルアイウェアPNG

開発の背景
色弱とは、遺伝による先天的なものや加齢による眼性疾患等により、一般色覚者に比べ色の見分けが困難になる状態です。日本人では男性の約20人に一人が先天性色弱者であり、世界で2億人以上、日本で約320万人が存在しています。また、高齢化の進展により、60歳以上の方の約10人に6人が何らかの色覚異常を抱えていることとなり、今後益々大きな社会課題となることが懸念されています。
色の見え方が異なると、一般色覚者向けに作られた地図や信号等の色表示の判別が困難となり日常生活における多大な不便や危険に直面するのみならず、景色や食品等の自然色や美術芸術品の色等を直観的に認知して楽しむことが難しくなります。また先天的色弱については遺伝子による先天性の為、その色覚を変えることは不可能であり、色覚補正に関する十分なソリューションがこれまで存在しておりませんでした。

『C Vision S』テクノロジーとは
外部環境を問わず鮮明に見える当社のウェアラブルアイウェアが実現した、高輝度・高精細な独自の光学/ディスプレイ技術『Zen Optics®』と小型カメラ技術をベースに、当社が独自で出願中の特許に基づく、時分割駆動のディスプレイを用いる事により、RGBの個別設定のみならず光源の波長の選択も可能とする次世代の色覚制御技術が『C Vision S』テクノロジーです。自由なパラメーター設定により一つのデバイスで、様々なタイプの見え方に対応することが可能であり、加齢による色覚の経年変化にも適応できます。また、他の色に影響を与えたり、全体が暗くなる事無く、特定原色を自在に強めることができることで、サングラス等では実現が不可能であった、「明るいままの世界」を再現することができます。これは当社の光学/ディスプレイでのみ実現が可能です。
加えて、眼鏡型デバイスの基本的な特徴であるハンズフリーで眼前に見たい映像を浮かび上がらせることや、個人に合わせた見え方のデジタル補正(色度、輝度、コントラスト等)が可能という利点を備えており、日常生活、作業、仕事をしながらでも、色弱者にとって、よりわかりやすい視界を提供することができます。

 

実機体験
2018年1月17日から19日に東京ビックサイトで開催される第4回ウェラブルEXPOのウェアラブル活用ソリューション ゾーン 西3ホールにおいて本テクノロジーのデモンストレーションを体験頂けます。

* 第4回ウェアラブルExpo概要 http://www.wearable-expo.jp/
* 当社ブース小間番号:W18-50 (NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構内テレパシージャパン)

医療関係者のコメント
本デバイスを用いた実験に参加した東京慈恵会医科大学解剖学講座教授兼特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構CUDO副理事長の岡部正隆教授は「色弱用スマートグラスは色覚を矯正するものではありません。しかし、業務上見分ける必要のある特定の色を簡単に区別することが可能になり、色弱者の不便の解消に役立つと期待しています」と述べています。

今後の予定
テレパシージャパンでは、遠隔作業支援やアミューズメント用途に発売している「Telepathy Walker®」と共に、色弱の方が日常で経験している様々な不便を解消するソリューションとして、2019年3月までに本技術を用いたデバイスの製品化を予定しています。今後は先天的、後天的色弱者に対する実証実験を更に行いユーザービリティを向上させるとともに、より多くの色弱者の方の生活を改善するための事業パートナーを幅広く募集致します。
* Telepathy Walker®とは https://www.telepathywalker.com/

 

【お問い合わせ先】
株式会社テレパシージャパン
報道関係者 お問い合わせ先:Eメール:pr@telepathywear.com
事業パートナー お問い合わせ先:Eメール:info@telepathywear.com

 

訪日外国人観光客向けサービス開発に向け WiFiルーターレンタルサービスのビジョンと事業提携

Telepathyの次世代ウェアラブル機器で、ハンズフリー道案内やリアルタイム翻訳

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木健一・関口 勇二、以下「当社」)は、株式会社ビジョン(東京都新宿区、代表取締役社長 佐野 健一、以下「ビジョン」)と、訪日外国人観光客向けサービス開発に向けて事業提携をいたしました。当社が現在開発中の次世代アイウェア型ウェアラブルデバイスを利用した、インバウンドビジネスのサービス基盤やアプリケーション開発にあたり、ビジョンの顧客基盤を利用して得られる情報を活用していきます。
img_cut

Continue reading 訪日外国人観光客向けサービス開発に向け WiFiルーターレンタルサービスのビジョンと事業提携

救急ドローンを用いた山間部での傷病者早期発見に関する実証実験にてTelepathy Walker提供、実験成功

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会による公開実証実験

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木 健一、以下「当社」)は、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称:EDAC、所在地:東京都文京区)が1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡市)で実施した、総務省「救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル実証事業」に関する公開実証実験にて『Telepathy Walker(R)』を提供しました。
この実証実験はリファレンスモデルを活用した、通報による無人機(ドローン)を活用した迅速な現場特定を目的とし、傷病者に接触するまでの時間短縮に成功しました。

Continue reading 救急ドローンを用いた山間部での傷病者早期発見に関する実証実験にてTelepathy Walker提供、実験成功

Telepathy Walker、クラウドファンディングの先行予約分を出荷開始

アプリを公開できるApplication Marketも同時公開

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、Kickstarter(キックスターター)およびkibidango(きびだんご)にてクラウドファンディングに成功した、アイウェア型ウェアラブルデバイス『Telepathy Walker(R)』の先行予約分の出荷を本日より順次開始いたしました。また同時にデベロッパーが開発したアプリを公開できるApplication Marketを公開しましたので、お知らせします。

Continue reading Telepathy Walker、クラウドファンディングの先行予約分を出荷開始

なぞともcafe×Telepathy Walkerで 新たなリアル宝探しイベント始動!

ウェアラブルデバイスが実現する仮想現実とアナログのリアル感を融合

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、体験型イベントのリアル宝探しを展開する株式会社タカラッシュと、ゲームソフト・WEB開発等を幅広く手がけている株式会社ジーンとの共同企画で、『Telepathy Walker』を使った新たなリアル宝探しプログラムを「なぞとも Cafe 新宿店」にて6月30日(木)よりスタートいたします。

様々なウェアラブルデバイスの登場により、人々がより興奮する宝探しの体験を提供できる環境が整いつつある昨今、アイウェア型ウェアラブルデバイス『Telepathy Walker』を駆使することで、驚き体験を再現することが可能になりました。

Continue reading なぞともcafe×Telepathy Walkerで 新たなリアル宝探しイベント始動!

欧州における今後の販売についてUbimax社と提携、戦略的協業体制を構築

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、欧州における今後の販売について、産業分野におけるウェアラブルコンピューティングソリューション提供のリーディングカンパニーである、Ubimax GmbH(本社:独ブレーメン、CEO: DR.Hendrik Witt、以下「Ubimax社」)と提携し戦略的協業体制を構築しましたので、お知らせします。

Ubimax社は欧州市場における当社の製品のVAR(付加価値再販業者/バリューアディドリセラー)※1となります。
※1 VAR(付加価値再販業者/バリューアディドリセラー):既存のハードウェアやソフトウェアに機能を追加することで付加価値を出し、製品として再販する業者のこと。
Continue reading 欧州における今後の販売についてUbimax社と提携、戦略的協業体制を構築

クラウドファウンディングで目標金額を達成した「Telepathy Walker」 専用徒歩ナビゲーションアプリ「ARrow NAVI」を ゼンリンデータコムと神戸デジタル・ラボで共同開発

株式会社テレパシージャパン(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木 健一)は、アイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Walker(テレパシーウォーカー)」の資金調達をクラウドファウンディング「Kickstarter」「kibidango」で実施し、目標額を達成いたしました。

「Telepathy Walker」は、次世代のアイウェア型ウェアラブルデバイスです。様々なビジネスシーンで活躍する「Telepathy Jumper(テレパシージャンパー)」のウェアラブル技術を活用することで「いつでも、どこでも」直感的に楽しめる、気軽なウェアラブル体験を可能にしました。

 

今回、株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水 辰彦)と、株式会社神戸デジタル・ラボ(所在地:兵庫県神戸市中央区、代表取締役:永吉 一郎)は、「Telepathy Walker」向け徒歩ナビゲーションアプリ「ARrow NAVI(アローナビ)」を共同で開発いたしました。 本アプリはシンプルかつ直感的なUIで目的地までの正しい道を案内する新しい徒歩ナビゲーションアプリです。目的地をジャンルの選択または音声入力で指定し、ARのガイドアローと音声で目的地まで導く道案内ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、本アプリのデモンストレーションは、2016年5月11日(水)より東京ビッグサイトで開催される「スマートフォン&モバイルEXPO」ゼンリンデータコムブース内でご覧いただけます。

■ スマートフォン&モバイルEXPO

・会場 東京ビッグサイト 小間番号:東4-3「ゼンリンデータコムブース」

・会期 2016年5月11日(水)~13日(金) 10:00~18:00  最終日のみ17:00まで

 

【会社概要】

会 社 名 : 株式会社テレパシージャパン (http://www.telepathywear.com/ )

本 社 : 東京都中央区日本橋人形町ー丁目7番10号 ツカコシビル8階

代 表 者 :鈴木健一

設 立 :2013年7月

事業内容 :ウェアラブル機器の企画、開発、製造、流通、販売

 

会社名 :株式会社ゼンリンデータコム(http://www.zenrin-datacom.net/)

本社 :東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟6階

代表者 :代表取締役社長 清水 辰彦

設立 :2000年4月13日

資本金 :2,283,010千円(2016年4月1日現在)

事業内容 :

□ネットナビ事業  通信対応ナビを含む情報端末への地図情報および付加価値情報の提供サービス

□Web-GIS事業 法人に対する地図をベースとした付加価値情報サービス

□拠点案内事業  WEB上での拠点案内サービス、モバイル端末への地図サービス

従業員数 :298名(2016年4月1日現在)

 

会 社 名 :株式会社神戸デジタル・ラボ(http://www.kdl.co.jp/ )

本 社 :神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル

代 表 者 :代表取締役 永吉 一郎

設 立 :1995年10月 資 本 金 :20,9950千円(2016年4月1日現在)

事業内容 : ITコンサルティングサービス、システム開発・運用・保守、Webプロモーション、 クラウドサービス、スマートデバイスアプリ開発、情報セキュリティサービス、先端技術開発

従業員数 :168名(2016年1月1日現在)

 

【商標名称等に関する表示】

記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です

【本件に関する報道機関からのお問合せ先】

株式会社テレパシージャパン
PR広報担当 味岡
E- Mail : pr@telepathywear.com

Telepathy enters into strategic cooperation with Ubimax to further develop in Europe

Telepathy Japan Inc., a Japan-based leading developer of smart eyewear technologies, announced today that it has officially entered into a strategic cooperation with Ubimax, a leading supplier for industrial Wearable Computing solutions. Ubimax will be a Value Added Reseller (VAR) of Telepathy’s products for the European Market.

2The “Telepathy Walker” is a ruggedized wearable device that allows users to enjoy Augmented Reality applications both inside and outside. The “Telepathy Walker” has distinct technological advantages together with an original cutting-edge optical design. It solves existing smart glass issues due to its flexible module structure that allows for customization; and its portability means it is easy to store and compatible with conventional glasses.

 

Continue reading Telepathy enters into strategic cooperation with Ubimax to further develop in Europe

「Telepathy Walker」 with AR浅草花やしき〜Telepathy Walkerが「浅草花やしき」で創る新しい遊園地の「あたりまえ」〜

株式会社テレパシージャパン(以下「テレパシージャパン」)、加賀電子株式会社(以下「加賀電子」)は、加賀電子が開発したエンターテイメントアプリケーションをアイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Walker」に組み込み、浅草花やしきにて世界に先駆けた「AR遊園地」を実現する計画を発表いたします。

■日本を牽引するエンターテインメントの先駆者、浅草花やしきの更なる進化

明治は文明開化、大正は日本有数の動物園、昭和復興時代には娯楽の殿堂遊園地と、日本のエンターテインメント産業を常に牽引してきた浅草花やしきで、「Internet of Things」時代の世界初となる新たな遊園地のあり方を提案します。

Screen Shot 2016-03-30 at 09.57.17

 

加賀電子及びテレパシーは、今後も続々と最先端のウェアラブルテクノロジーを活用したサービスを提供してまいります。これによって花やしきのみならず、浅草の魅力、ひいては新しい日本文化の姿を、世界中に発信していく予定です。

Continue reading 「Telepathy Walker」 with AR浅草花やしき〜Telepathy Walkerが「浅草花やしき」で創る新しい遊園地の「あたりまえ」〜

アイウェア型ウェアラブルデバイスTelepathy Walker、米Kickstarter日kibidangoにて先行予約を開始

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、アイウェア型ウェアラブルデバイス『Telepathy Walker』の先行予約を、米国のクラウドファンディグサイトKickstarter(キックスターター)にて開始いたしました。
日本語対応バージョンは日本のクラウドファンディングサイトkibidango(きびだんご)より予約可能です。

Kickstarterまたはkibidangoで『Telepathy Walker』をご予約いただくと、月額使用料600円を予定しているボイスコマンドに対応した「ナビゲーション&ディスカバリーアプリ」を無料で提供※いたします。(※開発者向け「Hacker Edition」は除きます。)

【キャンペーンページ】

Kickstarter:
https://www.kickstarter.com/projects/telepathy/walker-eyewear-for-entertaining-and-smart-walk

kibidango:
http://kibi.co/TelepathyWalker

walker_man

Continue reading アイウェア型ウェアラブルデバイスTelepathy Walker、米Kickstarter日kibidangoにて先行予約を開始

アイテック阪急阪神と資本業務提携 〜鉄道、建設等の分野における実践的な現場支援システムを提供開始〜

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、アイテック阪急阪神株式会社(大阪府大阪市、代表取締役社長 浜田 真希男、以下「アイテック阪急阪神」)と資本業務提携を行い、鉄道をはじめ、建設・ビル管理・警備等の分野における実践的な現場支援システムの共同販売を開始いたします。アイテック阪急阪神は、同社のコーポレートベンチャーキャピタルを通じて、当社へ出資を行います。

 当社は2015年6月にアイウェア型ウェアラブルデバイス『Telepathy Jumper』の発売を開始し、工場や倉庫、農業など様々な産業現場にて、遠隔作業支援のソリューションとして導入・実証を進めて参りました。この度、その中でも特に需要の高い鉄道・建設・ビル管理・警備等の産業現場に最適化した専門システムを全国規模で提供すべく、アイテック阪急阪神との資本業務提携に至りました。

■共同事業について

今回の提携により、当社とアイテック阪急阪神は協働して日本の都市インフラを支える、各業界に特化したアイウェア型ウェアラブルデバイスの実践的な現場支援ソリューション提供を開始いたします。
1

Continue reading アイテック阪急阪神と資本業務提携 〜鉄道、建設等の分野における実践的な現場支援システムを提供開始〜

新製品『Telepathy Walker』を 2016 International CESにて発表

株式会社テレパシージャパンは、2016年1月6日より米国ラスベガスで開催される2016 International CES(Consumer Electronics Show®)にて新製品『Telepathy Walker』を発表いたしましたので、お知らせします。

Telepathy Walkerについて

『Telepathy Walker』は“Playground, Every Wear”をテーマにした、次世代のアイウェア型ウェアラブルデバイスです。様々なビジネスシーンで活躍する『Telepathy Jumper』のウェアラブル技術を活用することで「いつでも、どこでも」直感的に楽しめる、気軽なウェアラブル体験を可能にしました。

1    2

 

 

 

Continue reading 新製品『Telepathy Walker』を 2016 International CESにて発表

「電脳(人工知能、ネットワーク、ソフトウェア)」をテーマとした 攻殻機動隊 REALIZE PROJECT神戸大会にて優秀賞受賞

神戸デジタル・ラボ×テレパシージャパンJVチーム
2016年2月の本戦「攻殻機動隊REALIZE PROJECT the AWARD」へ進出

株式会社テレパシージャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木健一、以下テレパシージャパン)ならびに株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉 一郎、以下 KDL)は、11月7日・8日に開催された「攻殻機動隊REALIZE PROJECT神戸大会」コンテストに「神戸デジタル・ラボ×テレパシージャパンJV」チームとして出場し、優秀賞を受賞しました。この結果、2016年2月に東京で開催される本戦「攻殻機動隊REALIZE PROJECT the AWARD」へ出場する権利を得るとともに、今後の同プロジェクト インキュベーションプログラムのノミネート権も獲得しました。

スクリーンショット 2015-11-10 14.13.57

Continue reading 「電脳(人工知能、ネットワーク、ソフトウェア)」をテーマとした 攻殻機動隊 REALIZE PROJECT神戸大会にて優秀賞受賞

ウェアラブルデバイスTelepathy Jumper 開発者向けに専用ECサイトより誰でも単体購入可能に

「Telepathy Jumper Developer Edition」として専用Unity SDKも同時公開

実際のアプリケーションを体験できるTelepathy Technology Session開催

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、コミュニケーションを変えるアイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」単体での販売を開始いたしましたので、お知らせします。これは開発者向けに専用ECサイトから購入できるもので、コンサルティングサービスや開発支援プログラム等が付帯していないものになります。また同時に、開発環境として既存のAndroid Studioに加え、「Telepathy Jumper Unity SDK」(以下「Unity SDK」)を無償公開いたします。

aa

Continue reading ウェアラブルデバイスTelepathy Jumper 開発者向けに専用ECサイトより誰でも単体購入可能に

ウェアラブル・ディスプレイ機体状況を確認しながらドローン操縦が可能に。
世界初のオープンソースx Telepathy Jumper

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「テレパシー」)と株式会社AAA(神奈川県横浜市、代表取締役小菅 和輝、以下「AAA」)は、特定非営利活動法人日本Androidの会の主催するAndroid Bazaar and Conference 2015 Summer(以下「ABC 2015 Summer」)にて、世界初のオープンソースドローン開発とウェアラブル・ディスプレイを組み合わせた「ドローン・パイロット・ソリューション」を発表いたします。

急激な成長を遂げつつあるドローン市場において、ドローンの機体状況をリアルタイムに確認しつつ途切れなく操縦するために、ウェアラブル・ディスプレイの導入・実用化が求められてきました。しかしながら、多様な機体情報の確認と、現実のドローン操縦を両立するためには、屋外で使用可能かつ複雑な演算処理を行えるウェアラブル・ディスプレイが必要でした。この度、テレパシーが2015年6月に発表したTelepathy Jumper Developer Program(※1)と、Dronekit(※2)によるオープンソースを活用することで、目線の移動をすることなくまるで飛行機のコクピットにいるようにシームレスなドローン操縦体験が実現可能となりました。
Continue reading ウェアラブル・ディスプレイ機体状況を確認しながらドローン操縦が可能に。
世界初のオープンソースx Telepathy Jumper

「Telepathy Jumperデベロッパープログラム」 出荷・募集開始

ウェアラブルデバイスで未来のコミュニケーションを共に創り上げる開発者向けプログラム

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、コミュニケーションを変えるウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」の、開発者向けプログラム「Telepathy Jumperデベロッパープログラム」の限定募集、出荷を開始いたしましたので、お知らせします。

Continue reading 「Telepathy Jumperデベロッパープログラム」 出荷・募集開始

テレパシージャパン
体験を分かち合い、コミュニケーションを変えるウェアラブルデバイス
「Telepathy Jumper」を発表

「人とひとつになる」という新しい体験。
Telepathy Jumper

pr_pic1_front

 

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、体験を分かち合い、コミュニケーションを変えるウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」の詳細を発表いたしました。

「Telepathy Jumper」は、首からかけて使う新しいタイプのアイウェア型ウェアラブルデバイスです。普段は首にかけておき、必要な時だけ眼の前に装着することが可能で、連続使用をする際はアタッチメントを利用して眼鏡や頭に装着します。また、以下の3つのブロックで構成することで、カスタマイズ性にも優れています。

Continue reading テレパシージャパン
体験を分かち合い、コミュニケーションを変えるウェアラブルデバイス
「Telepathy Jumper」を発表

テレパシージャパン
世界最高水準の輝度を達成した小型軽量ウェアラブルディスプレイを開発

その技術の一部をディスプレイ国際ワークショップ(IDW)で発表

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表取締役 鈴木 健一、以下「当社」)は、世界最高水準の輝度かつ小型軽量のウェアラブルディスプレイを開発しました。このウェアラブルディスプレイには株式会社日立製作所(東京都千代田区、執行役社長兼COO 東原 敏昭)、及び株式会社日立エルジーデータストレージ(東京都港区、代表取締役社長&CEO 朴 榮根)と共同開発してきた技術を用いています。また、その技術の一部をIDW ’14 (International Display Workshops 2014)にて発表いたします。

Continue reading テレパシージャパン
世界最高水準の輝度を達成した小型軽量ウェアラブルディスプレイを開発