テレパシージャパン、ツネイシキャピタルパートナーズ、 マルティスープの3社がウェアラブルアイウェア導入 新サービスで協業 〜ウェアラブルアイウェアで楽しむ白隠禅画 1月1日から神勝寺でサービス開始〜 !

株式会社テレパシージャパン(東京都中央区、代表 鈴木 健一・関口 勇二、以下「当社」)は、ツネイシグループの新規事業の創出と支援を行うツネイシキャピタルパートナーズ株式会社(広島県福山市代表、津幡靖久、以下「ツネイシキャピタルパートナーズ」)と位置・空間情報技術を活用したサービスやソリューション開発を手掛けるマルティスープ株式会社(東京都千代田区、代表、那須俊宗、以下「マルティスープ」)と協業し、ウェアラブルアイウェア『Telepathy Walker(R)』を、広島県福山市の「神勝寺 禅と庭のミュージアム」にある荘厳堂(白隠禅画•墨跡常設展示間)に導入し、作品を鑑賞しながら同時に解説を見聞きできる新サービスを2018年1月1日から開始します。

ウェアラブルアイウェア『Telepathy Walker(R)』について
『Telepathy Walker(R)』は独自のヘッドアタッチで頭部に装着し使用する片眼型ウェアラブルアイウェアです。視界を遮らない独自ディスプレイを搭載し、オープンな視界と目の前に浮いているような映像を、プロモニターに匹敵する色領域で再現することができます。野外の光が強い場所でも、明るい画面を映し出すディスプレイにより、情報をクリアに表示することができます。

 

_E864656

神勝寺 荘厳堂での白隠禅画解説サービスについて
『Telepathy Walker(R)』のディスプレイに禅文化研究者の芳澤勝弘氏による白隠禅画の解説が浮かび上がり、まるで目の前で解説を見聞きしているかのように視線を動かすことなく作品を鑑賞し、白隠禅画への理解を深めることをサポートします。この取り組みを通じて白隠禅画への造詣を深め、“未来技術” を活用して“古きよきもの”を知る、新しいミュージアム体験を提供します。

ウェアラブルアイウェア『Telepathy Walker(R)』活用の今後の展望
常石グループ各社をはじめ美術館・博物館・展示館にとどまらない様々なシーンで、『Telepathy Walker(R)」を使ったガイダンスシステムの活用を目指していきたいと考えています。

182A9038
作品展示場所と期間について
本サービスは2018年1月1日から2018年3月末まで、「神勝寺 禅と庭のミュージアム」にて無料で実施予定です。(別途、神勝寺拝観料をお支払い頂く必要はございます。) 神勝寺 禅と庭のミュージアム URL:http://szmg.jp/about-us/

株式会社テレパシージャパンについて
代表取締役:鈴木健一・関口勇二
所在地:東京都中央区
設立:2013年7月
事業内容:ウェアラブル機器の企画、開発、製造、流通、販売
URL: http://telepathywear.com/

ツネイシキャピタルパートナーズ株式会社について
代表取締役:津幡 靖久
所在地:広島県福山市
設立:2010年12月
資本金:5,000万円
URL:http://tsuneishi-cp.com/index.php

マルティスープ株式会社について
代表取締役:那須 俊宗
所在地:東京都千代田区
設立:2000年4月
事業内容:位置・空間情報技術を活用したコンピュータソフトウェアの企画・開発・販売
URL: http://www.multisoup.co.jp/

【商標名称等に関する表示】
記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です

【お問い合わせ先】
株式会社テレパシージャパン
Eメール:pr@telepathywear.com